実は「実演販売士」の資格を持つ三橋とら。御社の商品を紙芝居にして、お客さんに魅力をアピールできちゃいます!

【↑「ケアマネジャ―のお仕事紹介」の紙芝居】
【↑「ケアマネジャ―のお仕事紹介」の紙芝居】

 子供の頃、アキハバラデパートの“実演販売”を食い入るように見ていました。あの世界観が大好きでたまらなかったのです。25歳の時、わたしは『実演販売界』の門を叩きました。全国の百貨店で洗剤や家電を実演販売して回りました。

わたしが、一番最初に描いた紙芝居は「炊飯器」の紙芝居でした。10万円する炊飯器で炊いた米は本当にうまいのです!それは、ありとあらゆる技術がその炊飯器に詰め込まれているからです!…でも、それはなかなか口では説明できません。

お客さんの心に響く、なにかうまいやり方が無いか…!!

試行錯誤の結果、「紙芝居で商品説明」することを思い立ちました。

 

↑【「バリアフリー」をテーマにした紙芝居】
↑【「バリアフリー」をテーマにした紙芝居】

「紙芝居」を使っての実演は、大盛況でした。お客さんからは「わかりやすい!」「オモシロイ!」「子どもといっしょに観られたのでよかった!」等、いろんなご感想をいただくことができました。
 紙芝居というのは、不思議ですね。主人公(主人物)がどんなモノでも、観客は物語の世界に入り込むことができるんです。「遊びながら学ぶ」では無いけれども、紙芝居を見終わった後、観客はみんな、お話しの主人公(主人物)のファンになっているのです。おもしろいもんです。どんなモノでも、主役になれます。ドラマ(シナリオ)を創り、演じるのは、わたくし(劇団歴十数年の)三橋とらにお任せください!

↑【某企業の営業理念をテーマにした紙芝居】
↑【某企業の営業理念をテーマにした紙芝居】

 あなたの(会社の)かわいいお子さん(商品)を、紙芝居にしますッ!

そして、実演(口演)しますッ!!!

 

この世界には、たくさんの物語が溢れています!それを一つ一つ、形にして、多くの人の心に残せたら…なんてことを、毎日考えています。商品・野菜・歴史・文化・人・動物…。どんなものでも紙芝居にいたします。主人公は、あなたのかわいいお子様!(商品)

まずは、お話しを聴かせてください。ご連絡お待ちしております!!

メモ: * は入力必須項目です